Back   

株式会社の設立

株式会社の設立

株式会社の設立には資本金50.000TL以上、発起人1人以上が必要である。(特別法がない限り)

Kayıtlı資本金システムを採用し、株式非公開株式会社の場合出資金100.000TL以上必要である。

商号には、会社の種類(株式会社)を示すこと、トルコ語を使用すること、活動内容を示さなければならない。

納税番号が登録されていない会社は納税書類を登記申請の際に添付書類として提出する必要がある。提出されない場合、登記は認められない。

設立

・設立に際して、財政省から発行された納税番号を登記書類と一緒に提出する必要がある。提出されない場合、申請は認められない。

   ・MERSIS システム外で作成され、公証人によって承認された定款による手続きは認められない。

1.申請書(取締役会または代表資格がある役員による署名が必要がある、vekalet代理人が署名した場合vekalet代理人の原本又は承認された写しを添付する必要がある、会社と関係がある税務署を確定する必要がある、添付書類の目録を含む必要がある、請願書に会社の商号・資本金・本店・設立日・設立日における活動内容・NACEコードを明記する必要がある、この情報が正確ではないことが証明された場合この申請書に署名した者の責任であるということが書かれる必要があ

2.設立報告書(記入の上、権限者により署名される必要がある、3部、外国資本金がある場合4部)

3.外国籍の自然人である株主の翻訳され、公証人によって承認されたパスポートのコピー、税務署によって発行された納税番号または外国人番号が表記された書類、さらにトルコで居住している場合は公証人に承認された居住許可証

4.海外で居住しているトルコ国籍者の場合、海外で労働または居住していることに関する居住国の関係機関から取得した書類

5.公証人に承認された定款3部(署名確認のため1部は直筆の署名である必要がある)

6.権限者の会社の商号の下にされる署名の申告書(2部)

7.設立者によって署名された設立申告書

8.資本金の4/10000がRekabet KurumuのTurkiye Halk銀行Ankara Kurumsal支店の80000011 (IBAN NO:TR40 0001 2009 4520 0080 0000 11)の口座に現金/EFT/送金の方法によって振込みされたことを示す会社印と署名がされたbanka dekontu

9.株式の価格が法律または定款で明記された最低総額が支払われたことに関する開設され た口座に振り込んだ株主の氏名/商号と各株主の振込み総額と合計振込み総額を示すBanka mektubu(会社の資本金の全て又は一部が現金で契約された場合、現金契約された株式の価値の最低1/4が登記前に残額は会社の登記後24か月以内に支払われる必要がある)dekont 単独では認められない

10.Oda kayıt beyannamesi(権限者により署名される必要がある、株主の写真が必要である)

11.会社に出資された現金以外の資本金と設立段階で引き継がれる経営と現金以外の資本金の価値の証明に関する裁判所によって任命された専門家によって作成された価値に関する専門家の報告書と裁判所の専門家任命書の原本または承認された写し

12.出資された現金以外の資本金上に制限がないことに関する関係登記所から取得した書類の原本

13.現金以外の資本金として出資された不動産・知的財産権等が登録された登記所に注釈を加えられたことを示す書類の原本

14.現金以外の資本金と経営の引き受けに関することも含めたうえで、設立された会社と設立者・他の人と行われた設立に関する契約

15.Kuruluşu Bakanlıkまたは他の公式機構の認可または同意に従う会社の場合この許可書または同意書の原本

16.株式所有者でない取締役会会員の任務の承認に関する、署名が公証人によって承認された書類。この書類に居住所・国籍・トルコ国籍者の場合身分証の番号・外国籍者の場合税金番号または外国人番号を明記すること、外国籍者の場合添付書類として承認されたパスポートの写し・トルコで居住している外国籍者の場合公証人に承認された居住許可証を添付する必要がある

17.法人が取締役会に宣された場合、法人と一緒に法人の名で、その法人によって選任された自然人の氏名・住所・国籍・トルコ身分証番号(外国籍者の場合税金番号または外国人番号)を含む状態で取得した法人取締役会会員の権限のある組織の決定の公証人に承認されたひな形と法人の名で外国籍自然人が選任され、この外国籍自然人がトルコで居住している場合、居住許可証とトルコ語に翻訳され公証人に承認されたパスポートの写し

18.取締役会会員が株主以外の外国法人の場合、法人の日常の登記簿を含む書類(この書類は、会社が存在する国の公証人により、その国のトルコ大使館またはトルコの外務省により、またはYabancı Resmi Belgelerin Tasdiki Mecburiyetinin Kaldırılması Sözleşmesiの条項より承認され、公証人により承認されトルコ語に翻訳される必要がある)

外国法人株主/法人資格がある場合、定款で税金番号が明らかにされる必要がある

法人株主がトルコ国籍であるが商業住所がイスタンブル以外の場合、法人株主が登録された商業登記所・商業登記番号/税金身分証番号とMersis番号が定款で明記される必要がある

19.成人に達していない株主の父母または父母のどちらか会社の株主になる場合、成人に達していない株主のために裁判所から取得した責任者任命決定

20.Gümrük müşavirliği会社の場合、株主と社外から任命された税関手続きで権限のある経営者の公証人に承認された関税顧問の許可証が提出される必要がある。権限付きGümrük müşavirliği会社の場合、株主が関税顧問から取得し、公証人に承認された権限書を提出する必要がある。

21.設立される会社の設立者中に自治体・他の地方行政とこれらが設立した組合がある場合、この組織の参加に許可を与えた内閣決議のひな形

注;以下の点に注意し、明記された状況で書類を添付するする必要がある

・商号に関して

・定款ですべての株主、取締役会会員、経営者の氏名・居住所・国籍・トルコ身分証番号(外国籍者の場合納税番号または外国人番号)を明記すること

単独所有株式会社の設立

持分単独所有株式会社の設立で、持分単独所有株式会社以外の株式会社の設立で必要とされる書類で申請する必要がある。さらに特別な書類は要求されない。

 

 

 


  

ABOUT US   PRACTICE AREAS   PUBLICATIONS   CAREER   CONTACT US  
2015® Sariibrahimoglu.com


info@sariibrahimoglu.com - Tel: +90 312 447 40 13